【堀之内勝人】モバカフェ/mobacafeの副業は詐欺なの?辞めたほうがいい?実際に使ってる人の口コミ評価を徹底調査

モバカフェは怪しい?詐欺の被害の心配などの口コミ評判を調査してみた

通信販売で出す宣伝広告は本当のことをわかりやすく記載する必要がある

time 2021/05/28

どのような商売であってもお店や商品にサービスに関して、宣伝をしていく必要があります。何もアピールすることなくお店を開いても、誰もその存在を知ることができないためです。

せっかく自慢の商品を取り揃えていて、最高のサービスが提供できるとしても、宣伝をしないことには集客は難しくなります。
それは通信販売でも同じこと、逆に実店舗よりもインターネットをフル活用できる、通信販売の方が宣伝広告を気軽に出しやすくなっているのが現状です。

ひと口に通信販売といってもインターネット上にショップを持つネット通販だけではなく、テレビ通販もあれば新聞での通信購入もあります。
ダイレクトメールからの購入もあれば、カタログやチラシなど実に様々な形であるのも通信販売です。

こうしたことから情報を得て、消費者側はあらゆる方法で申し込みをする事になります。はがきなどの郵送で商品を申し込んだり、電話を使い口頭でコールセンターにかけたり、FAXで注文をする事もできますし、インターネットは現代の定番の注文方法です。

やり方はいくつもありますが、いずれにしても通信販売の広告を出す際には、必要な表示事項に関わる決まりがあります。
販売スタッフが常にいる実店舗での買物とは異なり、通信販売の場合は直接実店舗で買い物をするわけではありません。

直接商品を目の前で見て触れたり実物を確かめられるわけではなく、スタッフと会話をするわけでもなく買い物をします。
すると消費者にとってやや不利なことが起きますが、それはお店側の出す広告内容が満足のいくものでなかったとき、気分の良い買い物ができないためです。

広告は出してはいるものの内容的に乏しいものであった場合でも、消費者側にそのことは購入後手元に届くまでわかりません。
不明瞭な記載内容により購入後に消費者が抱くのは後悔の思いや、残念な気持ちばかりです。
ただ凹むだけではなくこうしたことは、通信販売でのトラブルに発展をしていきます。
だからこそ消費者を守る必要がありますし、無駄に問題が起きないためにもあるのが特商法です。

通信販売における宣伝広告で利用者が不快な思いをしないためにも、必要表示事項にはそれに関連する決まりを設けています。
商品の販売価格はもちろんですが、表示は通販だけに宅急便やメール便なども使いますから、送料も明確に表示をしなければなりません。
注文をした際の代金支払いの手段と時期に関しても、受け渡しはいつになるのかなどもそうです。